浮気調査をパック料金制で依頼することについて

浮気調査をパック料金制で依頼することのメリットは基本的な素行調査などで完了する場合には料金が安く済むことで、一般的には1日1人の探偵が3時間程度調査をすることが前提となっていますが、浮気調査の難易度が高い場合には1週間以上かかる場合があるので、パック料金制の基本料金を超えてしまう場合があります。浮気調査を短期間で完了させるために必要なことは事前の証拠集めで、対象者のメモ帳やレシート、電話の通信記録、スマートフォンなどのメールなどを集めて、対象者が恋愛相手と頻繁に会っている場所や時間を特定することで、調査日数が短くなるので、パック料金制の基本料金の範囲内で調査を終わらせることができます。しかし離婚調停のための資料集めの場合は写真や動画などの詳細な証拠を集めることが必要なので、綿密な素行調査を行い、最新の機材を使用して撮影するので、調査料金が高額になります。離婚調停では相手や裁判官を納得させる証拠が必要なので、相手の顔がはっきりとわかる写真や動画を撮影する必要があるので、撮影場所の確保や張り込みなどの追加料金が発生します。1週間の調査の費用としては50万円程度が相場になっていますが、パック料金の場合は1日8万円から15万円程度なので短期間で完了すれば費用が安くできます。

素行調査