限定的な方法

特定調停による方法も任意による整理とほぼ同じくそれらの債権者への返済を行っていくことを選ぶ債務整理の形です。

 

わかりやすくいうなら裁判所がやる負債整理ということができます。

 

特定調停も任意整理による方法と同じように、自己破産とは違って一部分の負債だけを整理していくことができますので他の連帯保証人がいる負債額を除いて整理をする場合や自動車ローン以外で整理したい際なども使うことが可能になりますし全ての財産を放棄してしまうことは要求されていないためマイカーや有価証券個人資産を持っているけれど、放棄してしまいたくない状況においても有力な選択肢になる借金整理の方法です。

 

いっぽう、これからの返済に必要な額と実現可能な収入を比較し適度に返済の計画を立てられる場合においては処理を進めるほうが良いといえますが自己破産手続きとは違って返済義務が消滅してしまうというわけではありませんので、総量が大きい状況では残念ながらこの方法を取るのは難しくなると考えるのが無難でしょう。

http://www.furisode.gr.jp/

なお、司法機関が中に入るため司法書士事務所などに依頼しなくても立場が弱くなってしまうようなことにはならないということや、解決のためのコストをおさえられるというメリットは注目できますが、債権者それぞれの催促に対して債務者自らが応対しなくてはいけないこととか、所定の裁判所にことあるたびに顔を出すことになるなどといった要素もあります。

 

くわえて、任意整理と比べると、最終段階でも同意が得られない場合には金利をそのまま付けた計画で支払っていかなければならないといったことや結果的に貸方に返していく金額が任意による整理の場合と比べて高くなってしまう傾向があるというような注意点もあります。